債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

初めての相続相談で気をつけるポイント

大阪や神戸で初めての相続相談をする場合に気をつけるポイントですが、相続と言っても分野ごとに専門家がいます。例えば、法定相続分などについては弁護士になりますし、不動産の名義変更であれば司法書士になります。

その他にも相続税対策であれば税理士となりますので、まずは誰に相談する事案なのかをあらかじめ整理しておくことが大切です。いきなり全ての相続相談を弁護士に持って行っては相談料だけが高くついてしまいますので、税金のことであれば行政が行っている無料相談やセミナーを積極的に活用するなどして、事前に知識をつけておくとよいでしょう。

誰に相続相談すれば良いか迷ったら・・?

誰に相続相談をすればよいか迷いがある日本人は、国内大勢いることが知られており、短期間のうちに信頼のおける大阪や神戸の法律事務所に問い合わせをすることが成功の秘訣です。

とりわけ、相続相談の対応がしっかりとしている法律事務所の見つけ方については、素人が判断しにくいところが多くあることが分かっています。 そこで、できるだけ無料相談などの人気の高いサービスが導入されている依頼先を見つけることが肝心です。 その他、相続相談のテクニックを身に着けるうえで、常に役立つ知識を得ることが欠かせないテーマとしてみなされています。

相続相談で一番多い相談内容とは

相続相談で一番多いのは不動産です。不動産がある地域にもよりますが、大阪や神戸のような大都会では、不動産は資産価値が高く、金額的にも高額になります。相続出来る側にすれば少しでも多くを相続したいものですが、相続する人間が多数いるときは、もめ事になるケースもあります。

そのような状況を避けるために、被相続人の存命中に、相続内容を書面でクリアーにしておくことです。とくに、不動産の相続について書面で明確にしておけば、相続でもめる原因が減ります。遺言書作成にあたり、相続相談しておけば書面の内容にも不備がなく、さらに有効な遺言になります。

遺言書に不満があるときは相続相談!

相続相談は大阪や神戸などの都市でも増加しています。相続が発生すると、相続人が遺産分割の割合を話し合って決めていきますが、被相続人が生前に遺言を作成している場合には、その遺言の内容とおりの遺贈が行われます。

しかし、遺言の中には特定の相続人のみに財産を譲るような内容や、相続人以外の人物に全財産を譲り渡すような内容であるものも存在します。もしも遺言の内容に不満がある場合には、早急に弁護士などの専門家に相続相談を行うべきです。

もしも遺留分(最低限の相続分)の侵害がある場合には、遺言によって財産を取得した人に対して『遺留分減殺請求』を行うことが可能となります。請求できる相続財産の権利は法定相続分の半分となっています。

相続相談して相続の手続きをなんとかしたい

遺産相続を速やかに円滑に行いたい時には、相続相談を利用して簡単な手続きを教えてもらう事が出来ます。相談は、司法書士や弁護士などにするのが一般的ですが、料金が掛る可能性があります。そこで利用してみるのが、無料で相続相談を受けてくれる、それぞれの地域にある、役所の相談窓口です。

相続のやり方や、どのような控除が利用できるかなど、解りやすく教えてもらる事ができます。また自分で行う事が出来ない場合や、司法書士や弁護士に依頼する場合には、役所で代理手続きを行ってもらえる業者を紹介してもらう事も出来ますので、相続を速やかに行う事が出来るようになります。

親族以外に財産を残したい場合の相続相談について

親族以外に財産を残したい場合になった時には、遺言書の作成をしておく事が大切になります。通常では、遺産の相続は、法定通りに進めて行きますが、親族では無い人に残したい場合は特殊になりますので、相続相談を利用して、正式な遺言書の作り方を教えてもらう事が大切になり、法律で認められた通りの記載の仕方と、公的証明として保存しておく必要があります。

遺言書以外の財産は、親族間で普通に分配する事が出来るので何も心配はいらないのです。しかし法定で認められていない人へ財産を残したい場合には、金額や土地や建物など、残したい物の記載をする事が必要になり相続相談を利用して間違いの無いようにするのが良いのです。

司法書士と相続相談の関連記事