債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

過払い請求で必要となる最終取引日

消費者金融に対して過払い請求を起こすときに司法書士や弁護士に依頼することが手間も時間も省けるので良い方法です。

自分で書類を作成し裁判を起こすことも可能ですが、やはり司法書士や弁護士などの専門家に頼んだほうが手数料がかかりますが、スムーズに終わります。ほとんどが電話で済みますし数枚の書類に記入するだけであとはお任せできます。

ひとつだけ作業があります。それは借りていた消費者金融に連絡をして最終取引日つまり返済の終わった日を確認することです。返済後10年が経つと請求できませんのでこれは過払い請求を起こす前に自分で確認しておく必要があります。

10年以内であることがわかれば司法書士や弁護士に相談し過払い請求の手続きを進めて行けます。

消費者金融の過払いについて

かつて消費者金融業者は、利息制限法の上限金利以上に金利を設定して貸し付けていました。のちに判例変更、法改正がなされるまで、このグレーゾーン金利で融資を行うのが一般的でした。

このグレーゾーン金利に当たる部分は無効になるため、返済をし続けていた人の中には当然に過払いが発生します。グレーゾーン部分の支払いは、本来元本に充当されるはずの部分だからです。

そこで、一時期、過払い金返還請求をすることがブームとなりました。弁護士は、これを扱うことでたくさんのお金を稼げました。しかし、現在は法律が変わっているため、新規の需要はなくなりました。

司法書士の過払い金の対応と再出発

多重債務のトラブルを解決して再出発を目指そうとする社会人は、ここ数年のうちに急増しており、様々なケースに対処をするうえで、プロのスタッフが在籍している法律事務所を見つけることがおすすめです。

また、過払い金に関する問題については、それぞれの消費者が太刀打ちすることが難しいといわれており、短期間のうちに信頼のおける司法書士の事務所など、依頼先を見つけることが欠かせません。 例えば、隙間時間を使いながら、司法書士の報酬額の相場をチェックすることで、毎月の家計の負担を最小限に抑えることができるようになります。

過去の消費者金融は司法書士で過払い回収

昔利用していた消費者金融であれば、実は回収できる過払い金があります。今の消費者金融は、過払いのことを想定して、金利を上限までに抑えていますが、過去には上限が適当に定められていたこともあり、どんどん高い数字で貸し出すことができました。

その分審査は楽になっていましたが、今になってその代償は出てくることになりました。このような問題については、司法書士などに相談をしてください。弁護士でも十分可能ですが、身近にいる人にお願いしたほうがわかりやすいです。計算をしてもらい、過去に利用していたことも全て話します。そして返済した時の額などから、最終的に回収できるかを判断してもらえます。

司法書士への過払い相談

任意整理などの債務整理を行う場合において、過払い金の返還手続が発生することもあり、140万円以下の金額の場合は司法書士への依頼相談が可能です。しかし140万円を超える場合においては、金額に制限のない弁護士へ依頼しなければなりません。

法律専門家への依頼によって、返還請求の訴訟を起こすなど、様々な手続きが迅速に進められます。また、専門家に依頼した段階で貸金業者との交渉が開始されるため、債務者本人の元には取り立てや借金返済請求が来ることもなく、さらに返済途中の状況であったとしても、一時的に返済を止める事が可能です。

過払いの依頼は司法書士も使える

弁護士にお願いすることが基本とされる過払いですが、司法書士でも対応できる事があります。対応できる範囲は同じですので、弁護士と同じことができるメリットを持っています。様々な依頼を出したいと思った時に、依頼金額が高いところを使うよりも、安い事務所にお願いして対応してもらうことが大事です。

安さなどの良さを考えると、事務所が多い司法書士にお願いする方法もあります。どれだけ多くの過払いが発生しても、そんなに負担が大きいわけではありませんし、しっかり回収する能力は持っています。依頼を出せるのはかなり身近なところにあります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い請求の関連記事