債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

多重債務は過払い請求を増やせる場合も

過払い請求を行っていく会社が増えていくことで、現時点で抱えている過払い金を大量に回収できるチャンスが生まれます。多重債務を抱えていた、もしくは現時点で抱えている場合に、過払い金が存在していると判断できるなら行ってください。

意外と大きな金額が回収されるようになって、借金を返済している人にはありがたく、既に返している方には嬉しいと感じられるようになるでしょう。多重債務の場合は、とても大きな問題を発生させていて、金利も高い傾向があります。高い金利が使われているからこそ、発生している利息なども大きいと思ってください。

弁護士に過払い請求を依頼する

借金をした経験は多くの人にあることでしょう。しかしながら、過払い請求を実際におこなっている人はごく一部なようです。過払い金請求に関しては、過去に支払いすぎた利息分の過剰金を取り戻すことができます。

なかには弁護士や司法書士などの法律事務所の敷居が高さから断念していたり、借り入れしていた過去の記憶が曖昧だったりで、請求をおこなわない人が多く存在するようです。請求をしないのであれば、そのまま貸金業者のものになってしまいますので、非常にもったいないことがあげられます。敷居が高いようであれば、まずはメールなどで弁護士に相談をしてみることをおすすめします。

過払い請求で弁護士のサポートを得る

少し前までは過払い金ブームになっていましたが、ここ最近においては落ち着いてきているようです。それもそのはず、そろそろ多くの人が過払い金の時効を迎えようとしているからです。

過払い請求をおこなうにあたっては、債権者との最終取引が10年以内であることが定められていて、10年を超えてしまいますと時効を迎えてしまい、1円も戻ってこないからです。借金の返済を現在も続けておこなっているのであればいいのですが、すでに借金を払い終えているような人においては、10年での時効が成立してしまうのです。該当する人は早めに弁護士に相談をしましょう。

過払い請求は多重債務に活用できます

多重債務に陥ってどうしてもお金が返せなくなってしまった時に、過払い請求は債務整理として活用できます。過払いの請求は貸金業者に借金を返済して取引が終わっている人が、払いすぎたお金を返してもらうための請求です。

貸金業者との取引が完了している人にとっては債務整理にはなりません。貸金業者が倒産したり、権利が消失する前に返してもらわなければ損をするので、心当たりがある人は弁護士に相談をするのがおすすめです。現在進行形で取引中の人は債務整理の中の任意整理になります。弁護士が受諾してくれれば本人への催促が止まります。

大阪、神戸、京都で過払い請求をするなら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

大阪、京都で過払い請求の関連記事

債務整理、過払い請求、個人再生を司法書士、弁護士に相談する方は多いですが、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談も多くいます。

当サイトは弁護士、司法書士が作成したわけではありませんので正しくない内容が含まれている可能性がありかもしれません。

債務整理、過払い請求、個人再生、離婚相談、相続手続き、交通事故慰謝料の相談はお近くの弁護士、司法書士にご相談を。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士がいます。