債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

交通事故の慰謝料で相談した方がいい場合

過去に交通事故が発生して慰謝料を受け取れる事になったけれど、何かその慰謝料が安すぎる気がする、外傷のない怪我を交通事故で負ったが、慰謝料に反映されていないなどという場合には、ぜひ法律相談をしたいですね。

法律相談をする事で、交通事故の慰謝料が覆る事もある様です。また、交通事故の慰謝料については不満がある時だけでなく、本当にこれでいいのかどうかわからないので、法律の観点から判断してほしい時にも相談する事ができます。

交通事故については気軽に相談する事ができます。また、相談する事によって、結果が大幅に改善されるという人も中にはいる様です。疑問点があれば、なるべく解消する様に努力したいですね。

後遺障害等級によって変わる交通事故慰謝料

 自賠責保険においては、入通院慰謝料にはけがの重傷度は関係しませんが、後遺障害慰謝料は、後遺障害等級によって大きく変わります。裁判基準になると、後遺障害等級による交通事故慰謝料の差はますます大きくなります。

重傷の被害者ほど手厚い補償がなされるのは当然のことであり、重傷の場合は、自賠責基準で妥協せず、必ず弁護士に依頼して、裁判基準による交通事故慰謝料を得るべきです。

重傷であれば、被害者に一切自己負担させることなく、引き受ける弁護士は数多くいます。できれば交通事故直後から弁護士に依頼し、妥当な等級が認定されるように対処するのが望まれます。

むち打ちと交通事故慰謝料

交通事故が発生した場合には、むち打ちになってしまう人は意外に多い様です。またむち打ちは、見た目では分からない事もあり、交通事故慰謝料の交渉の際に相手に理解してもらえないという事で不満を抱えている人もいます。

交通事故慰謝料の問題の中にはむち打ちに関する問題も多い様です。受け入れがたい交通事故慰謝料の金額を言われた場合には、ふさわしいと思われる金額になる様に保険会社の人と話をするのもいいでしょう。

交通事故慰謝料は決定するまでが交渉のチャンスとなりますので、その後で交通事故慰謝料について交渉しておけばよかったと思う様な事があったとしても、どうする事もできない場合があります。

交通事故慰謝料の詳細とは

交通事故にあってしまった際に、加害者側と示談交渉が行われます。示談交渉の際には交通事故慰謝料の金額などについて交渉が始まります。その際に加害者側が加入している保管会社側から、金額の提示が入りますが、その際の金額は基準によって変わってきます。

弁護士基準の慰謝料であれば、裁判所の基準と同じ金額が支払われ、基準も一番大きいものとなります。しかしながら、加害者側の保険会社も支払う金額を少しでも引き下げようと、低めの金額の提示をするケースが多くあります。そのことを踏まえるとはじめの提示金額で了承しないことが得策としてあげることができます。

迷わず解決させたい交通事故慰謝料

交通事故の発生事例には様々なパターンのものが挙げられ、多くの場合は被害者から加害者に対して、交通事故慰謝料の請求が行われます。間に保険会社の担当者が介入して、お互いの主張や条件の提示などが行われることによって交渉そのものが進められていきます。

少しでもスムーズに交渉を行いたい場合、また思うように話し合いが進められない時など、当事者同士での交渉に困った場合には、弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談する方も多く見受けられます。無料相談などのシステムを上手く活用しながら、優位な交渉を進めたいものです。

交通事故慰謝料の相談は

交通事故において、被害者の立場になってしまい、むちうち、後遺障害などの被害を受けてしまったら、それらに対する慰謝料を要求することができます。保険会社は、事務的に処理して必要最低限の保険料を支給することしかしません。

ましてや被害者の保険会社と加害者の保険会社が交渉、相談することなどあり得ません。治療のための通院回数が少なくなると、保険料の支給を打ち切られることもあります。弁護士に相談すると、弁護士基準に基づき、交通事故慰謝料を算定、請求してくれます。事例によっても異なりますが、通院、治療で休んだ際の休職損害を40万円増額できたケースもあります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の慰謝料相談の関連記事