債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

司法書士や税理士も受け付けている相続相談

家族の死はつらいものですが、故人が残した財産をどうするかということも大きな問題です。遺産相続に関しては、遺産の分割について兄弟間でトラブルになることもありますし、煩瑣な手続きや相続税に頭を悩ませることもあります。

相続について多くの経験がある人は少ないでしょうから、そうした場合は専門家に相談するのが賢明です。

また、専門家として真っ先に思い浮かぶのは弁護士ですが、司法書士や税理士も相続相談を受け付けている場合があります。

相続に関する知識が乏しいまま相続問題を処理するのは大変ですので、もし相続問題で悩んでいるなら専門家の手を借りてみるのが良いかもしれません。

相続相談は公共機関の無料相談を活用しよう

相続相談を公共機関でも無料で行っていることをご存知ですか? 身近なところでも、相続相談ができる窓口があります。 主なものでは、「税務署」「商工会議所」「日本司法支援センター(法テラス)」です。

税務署では、相続税の一般的なことについて相談を受け付けてくれますので、相続初心者は相談してみてはいかがでしょうか。 また、各商工会議所では、定期的に相続に関する相談会が開かれています。具体的な相談を専門家にしたい方に向いています。

「日本司法支援センター(法テラス)」では、弁護士に無料で法律的なことを相談できます。 まずは無料相談を活用し、正しい知識を身につけたうえで相続問題に臨んでみてはいかがでしょうか。

遺産相続の受け取りの注意点

自分の財産を将来的に、家族だけでなく、ある特定の親しい方に譲りたいと考えている場合は、あらかじめ遺言書を作成することがおすすめです。遺言書を残さなかった場合には、遺産相続ができる受取人は、配偶者と子どものみと定められており、そのほかの人は権利がありません。

そのため遺言書の作成が必要となるのです。遺言書には、自分が所有している財産を整理して、きちんと記載をしましょう。そして、遺産相続の受け取り人を指定します。書式などは問いませんが、サインなどは直筆で行うなど、いくつかの決まりがありますので、公正証書にしておくのがベストです。

相続相談をしておかないとどんなトラブルが起こる可能性があるの?

大阪や神戸には相続相談ができる施設が多く、気になる相続の話を聞くことができます。 相続相談をしておくことで、トラブルを防ぐこともできます。

例えば相続人同士で揉めるなどと言うことは、一般的なトラブルのひとつです。 遺書などが残されることにより問題も防ぎやすくなります。 このような相談は専門家にしておけば、対策方法を教えてもらえます。

相続のことはできるだけ早めに相談をしておいた方が、スムーズに遺産を運用することができるようになります。 専門家の話を聞いておけば、間違いもなく法律に則って遺産を分けることができるのです。

遺産相続、相続手続きを相談が必要な場面とは

多くの資産を所有する方が亡くなった際など、残された家族にとって遺産相続の手続きが必要となる場面では、多くの悩みが発生することもあります。また相続手続きを、定められた期間の間で、正しい手順の元に行わなければならないということから、どのように相続手続きを進めれば良いのか戸惑うことも多いことでしょう。

弁護士や司法書士などの専門家が在籍する機関へ遺産相続相談を行うことにより、大きなトラブルの発生を避けながら、必要な相続手続きを行うことができます。困った時に気軽に相談できる、心強い味方のような存在にもなるでしょう。

遺産相続相談には時間が必要

1度の相談で解決するようなら、それはかなり楽なもので、遺産相続に関しても軽い問題と思われます。しかし遺産相続相談では、長期間相談しないとわからないこと、解決しないことがあります。長期の相談をする人も多くいるので、短期間だけの話にしないようにしてください。

長い話をしておくことで、トラブルを少しずつ解決して、相続の問題点を解決できます。特に借金を持っている相談の場合は、借金を相続するかどうかも影響してくるので、長い時間をかけないとわからないことが多いです。すぐに判断するのではなく、長い視野で考えていくこととなります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

司法書士と相続相談の関連記事