債務整理Master債務整理は司法書士へ依頼!

債務整理は司法書士へ依頼

司法書士と相続相談について

弁護士・法律事務所

交通事故の慰謝料相談

個人再生について

過払い請求とは

離婚相談

借金で苦しんでいる人は増加しており、返済のめどが立っていない人の多くが、返済方法を再度整理することによって辛い現状から回復することができる人も多くあります。

個人再生や調停のことは司法書士に相談

無計画なキャッシングなどを繰り返してしまい、利息などがかなり大きくなってしまう人も結構多く、返済に困って自己破産や個人再生などをする人も多くなっています。

もし、借金で苦しんでしまった場合などは、一人で悩まず、法律の知識がある司法書士などに相談するのもよいでしょう。

相手との駆け引きなども司法書士は得意であり、調停などに持ち込んで解決していくことも期待できます。個人再生の手続きなどについても詳しく知っている人が多く、素人がひとりでするよりも良い結果となるでしょう。

個人再生の相談は気軽にすることができるので、悩んでいるときは一度司法書士に相談してみると良いでしょう。

個人再生のデメリットについて

大阪在住で、住宅ローンのほか返済困難な借金を抱えている人は、個人再生手続きをすることをおすすめします。 たしかに自己破産手続きをすれば、すべての借金がなくなるので一見良さそうにみえますが、同時にマイホームも失うことになってしまいます。そこで、マイホームを維持しながら借金を大幅に減額することができる個人再生が有効なのです。

ただし、個人再生は手続きが非常に複雑で、しかも時間がかかるというデメリットがあります。また、他の債務整理同様、信用情報機関にブラックリストとして名前が載るので、以後5年間は金融機関でローンを組んだり、新たにクレジットカードでショッピングすることができなくなります。

自己破産の借金相談で任意整理を勧められるケース

債務整理をしようと考えている方の大半は、相談相手として弁護士を選びます。 借金相談をする前に自己破産をしたいと決めている方もいますが、実際には別の方法を選択することも多々あります。 自己破産は切り札として残しておくべき方法であり、最初に任意整理や個人再生などを検討していくのです。

理想的なのは任意整理による解決であり、うまくいけば過払い金が戻ってくることもあります。 過払いが多いと借金を多く相殺できますから、返済元金そのものが少なくなります。 いずれにせよ借金相談は早いほど多くの選択肢が用意されるため、今すぐに相談してください。

弁護士に自己破産の依頼をする場合の金額は

弁護士に自己破産の依頼をするときの費用は、個人再生と概ね同じくらいです。 30~40万円くらいの金額になるのが普通であり、支払いは分割に応じてくれることが多いです。 自己破産をして借金がゼロになれば、今後は金融機関に返済をする必要はありません。 返済不要になることで、そのお金を弁護士への支払いに回すことができます。

自己破産は多額の借金を整理するための方法ですが、金融機関への返済能力は求められません。 そのため仕事がなく収入ゼロの方でも申し込むことができるのです。 弁護士に依頼をすればすぐに取立ては止まるので、その間に生活基盤を整えてしまいましょう。

個人再生は司法書士か弁護士によって出頭の有無が変わります

最近、多額の借金を抱えてしま返済に困ってしまう人が増えてきています。その借金を整理するために個人再生をする人も多くなっています。しかし、個人再生の手続きは大変複雑で、個人で裁判所に提出する書類等を全て用意することは難しいため司法書士や弁護士に依頼することが多くなっています。

同じ事を依頼をするわけですが、依頼する先によって少し違いがあるのでお話をします。個人再生を裁判所へ申し立てるためには依頼者は裁判官と面接をするために出頭しなければなりません。しかし、弁護士は法定代理人となれるため、こちらに依頼した時は依頼者が裁判所へ出頭する必要はなくります。司法書士に依頼した時は、法定代理人にはなれないので、依頼者が書類の提出から全てを自分でやる必要があります。

問題を個人再生で解決する

借金を抱えていて、これ以上自分の力ではどうする事もできないとなった時には、個人再生で解決が行われる事もあります。個人再生とは何かといえば、法的に解決する手段の一つで、自己破産をするほどでもないという人が、個人再生を採用できる事もあります。

しかし、個人再生は、返済額は縮小されますが、返済を続けるという事に違いはありません。そのため、全く収入がない人が、個人再生によって解決したいと希望しても、不可能となります。一定の収入を得ている人でないと難しいでしょう。自己破産を回避してこの方法を採用すると、マイホームが没収されてしまう事なく、問題を解決する事ができるという点において利点があります。

どんな職業でも続けられる個人再生

自己破産とは違って、個人再生の場合にはどんな職業の人でも関係なく続ける事ができます。たとえば、自己破産では警備員や保険の外交などの仕事は行う事ができなくなります。しかし、個人再生の場合には、問題ありません。

これらの仕事をしている人で、仕事を辞めたくないと考えるのであれば、自己破産ではなくて、可能であれば個人再生を選ぶという方法もあります。やはり生活をするためにも仕事は大事です。個人再生にするか自己破産にするかという事は、これらの職業の人にとって大きな違いだと感じられる事もあります。しかし、希望者全員が自由に個人再生を選択できるという分けではありませんので、気を付けないといけません。

個人再生の関連記事